有酸素運動VS筋肉運動、ダイエットに効果があるのはどっち?

ダイエットに効果があるのは有酸素運動というイメージがありますが、筋トレも良いよって話も耳にするし・・ダイエットするならどっちの運動が良いのでしょうか?

 

 

☆有酸素運動

 

 

有酸素運動といえば、思い浮かぶのが、ジョギングやウォーキング、エアロビクス、水泳、サイクリングなどなどですね。

 

有酸素運動をすることで、体にたまった体脂肪を燃やしてくれ、減量が可能です。
また、有酸素運動は血液中の悪玉コレステロールと中性脂肪も減少させる効果があるので、成人病予防にもなりますね。

 

さらには、足腰の強化、血行促進などの効果もあり、健康維持に役立つ運動でもあるのです。

 

では、ダイエット効果はどうでしょうか?

 

脂肪燃焼効果があるので、ダイエットにも効果があるのですが、有酸素運動でやせようと思ったら、最低20分は続けないと意味がないと言われます。

 

有酸素運動を始めて20分くらいまでは血液の浄化タイム。血液中の脂肪が先に使われているのです。皮下脂肪や内臓脂肪の脂肪を燃やすのはそれ以降、つまり20分以降のことになるので、20分以上続けないと、本当の意味でのダイエット効果が得られないということですね。

 

デュアスラリアのWサプリメントで新発想ダイエット!実際に効果があるの??

 

 

☆筋肉運動

 

筋肉運動はダンベルなどを使った運動もあれば、腕立て伏せや腹筋など道具を使わないものもあります。

 

酸素をとりいれない運動なので、疲労物質がたまりやすくなり、有酸素運動よりも短い時間でのトレーニングになります。

 

この筋肉運動をすることで、体に筋肉がつき、基礎代謝が高まります。
基礎代謝が高くなると、太りにくい体になり、痩せたあとにもリバウンドがしにくくなります。

 

基礎代謝は加齢と共に低下していきます。年齢とともに太りやすくなったというのは、こうした基礎代謝が低下して太りやすい体になっているからなのです。
ということは、痩せるためには基礎代謝をアップする、つまり筋肉運動が有効だということですね。

 

また、筋肉を鍛えることで、体が引き締まり、ボディラインも整って美しいボディを作ることができるんですよ。

 

 

☆どっちがいいの?

 

では有酸素運動と筋肉運動のどちらをしたらダイエットに効果があるのでしょうか?

 

答えは「両方」です。

 

特に、筋肉運動の後に有酸素運動をすると、脂肪が燃えやすくより効果的だと言われています。
逆に有酸素運動を先にすると疲れてしまって、あとの筋肉運動がよくできなくなりますので、筋肉運動を先にしましょうね。

 

 

運動をするのも1日や2日ではありません。毎日あるいは週に3回くらいは続けないと効果が出にくくなります。長く続けるには、あまりきつい運動をするのではなく、適度にしながら続けると良いですよ。
続けることで効果を得ることができますし、健康を損なわずに痩せることができますよ。

 

自分に合う運動をみつけて、今日から目標に向けて頑張りましょう!